また職場に居場所が欲しい

こんばんは🌃

りかちゅうです。今日は長々しく思ったこと書きたいなと思います。何のことかって?「初めて職場に居場所が出来た日に読む話」の続きの話。なんかずっと思ってることなんだけど今の会社を転職したい願望あるのよ。またかよって?これが会社員向いてない人間の兆候ってことよ!理由は居場所じゃないから。一度居場所が出来た感覚があるとここが居場所だと思えるかどうかとか分かっちゃうのよね。理由は沢山ある。ここでは言いにくいことだけど。(私も事前チェックしなかったのが悪かったんだけどね。だかこれを機に口コミは上手く使おうとは思った。)ってことで今日は転職して何を得たいのかやからげんきではダメな理由、どんな職場を求めてるかについて話すね。

 

転職して何を得たいのか

まずは転職して何を得たいかの1番はもちろん居場所!だけどそれ以外のことについても話していきたいと思う!その前にはじ職の記事を読んでみてね!

 

初めて職場に居場所が出来た日に読む話

1.職場にもう一度居場所が欲しい

本当にこれが大前提!からげんき並みの居場所が欲しい。正直からげんきは越せられない。理由はからげんきが初めて職場に居場所が出来たことで楽しく働く大切さを知ったから。それでもってキャリア事業したいという道を作ってくれたから。これは紛れもない事実でしょう。それもあってからげんき並みの居場所ってことね。だからって入社してすぐに居場所なんて言えないじゃん?とは思うよね。ここに関してはからげんきは居場所になる前から他の場所よりかは働きやすいって気持ちはあった。とある人が大問題だったけどそれ以外はクリアしてたし。要するに初めのうちからここなら働けそうって思える所がいいってことね。

 

2.幸せになりたい

居場所の話の延長にはなるんだけどシンプルに幸せになりたい。だって社会人になったら働く時間が多いじゃん?そんな所がつまらない場所だったら私しんどくなるよ?ただでさえ会社員向いてないのにさ。そういうこと踏まえると多分私の中で居場所って何となったら幸せでいれる所って答えると思う。それくらいからげんき時代楽しかったもん。だからまた、幸せになりたい。

 

3.自分のスキルアップしたい

今すぐ起業出来ないのはスキルアップしていないから。具体的には自分のファンを増やせてない。経営管理をするための内勤業務もよく分からない。それもあって会社で身につけないといけない。これは今の会社じゃ出来ないのよね。たしかにテレアポで話し方とか言葉遣いとかは学べることには学べる。だけど経営者になるにあたってマーケティングスキルと営業力の組み合わせ方だったり、内勤業務だったりマルチ的なタスクが身に付かない。それもあって転職したいのは事実。経営者を目指すって何もかも身につけないといけないのが難点。

 

からげんきではダメな理由
1.業務内容

こればかりはしょうがない。大学生のときはバイトだったから良かったものの今はそういうわけには行かない。やはり業務内容は起業するのに必要な力を養える業務内容でないといけないのは事実。だからってからげんきを経営してる社長の元で働きたいかと思ったら違うな。どんな社長かは知らないけどバトルしそうな予感がする。勝手な偏見だけど←。

 

2.今の生活への支障

大学生のときは長時間労働でも良かった。だけど今の場合、ブログは書かないといけないし他にも勉強しないといけないこともある。それだからこそ長時間労働では多分プライベートとの両立ができない。たとえ居場所であろうとその点がクリア出来てないと長続きはしないのは明らかだとは思ってる。

 

3.メンバーの問題

おそらく居場所と思えたのはメンツも良かったからってのはある。実際に私が居場所と思ってた時代のメンバーで辞めてる人はいるにはいるし。多分今後とも人の出入りでメンバーも変わってくるのは明らかでしょう。基本バイトの人が多いんだから。だから、今後ともずっと居場所かと言われたらそうではない。バイトが多い職場の不幸ね。

 

どんな職場がいいの?

だったらどんな職場がいいのって話だよね?そこに関しては今から話すね。あらかじめ言うけどかなりの理想高いからね?

 

1.私の夢を応援してくれる所

これは絶対に譲れないな。正直私自身どっかの企業には興味ない。強いて言うなら社長さんに興味を持つなんてことはあり得そう。こんな考えだからこそ言う!私の夢を応援してくれる企業。何様かよって思われるかもしれない。だけどそれくらい自分の事業はやりたいと思ってるからこそ応援してくれる企業はいいな。これはありえない話だけど社長さんにあなたのブログが好きです。このブログのファンです。だからあなたの夢支援しますくらい言ってくれる企業がいいとは思ってる!実際私自身、エージェント選びもそんな感じ。起業して欲しいって言ってくれる人の方に頼りたいって思ってるもん!

 

2.自由と責任がいい感じに調和されてる企業

これは私にとって大事な話!お堅い職場はダメだもん。しきたりとか本当に無理無理。からげんき級にフランクな所がいいと思ってる!ただそれでは会社として成り立たない。だから、仕事をやるときはきちんとやると言った形で自由と責任が調和してる所がいいと思ってる。あのからげんきも忙しい時は黙りこくるくらいの勢いあるからね。

 

3.思ったこと思い切って言える企業

私の性格からすると思ったことは言いすぎちゃう性格だから思い切って言える所がいいな。上司とか部下とか関係なくさ。上司がこう言ってたから従います精神とか間違ってるとは思うし。要するに思ったこと言い合えるけど仲は悪くないみたいな場所がいいってことね。それもあって思ったこと言ったら大騒動になる会社は私には向いてないな。

 

4.りかちゅう呼んでくれる会社

私の人生の抱負はもちろん。りかちゅうって呼ばれたかった人生じゃなくて、りかちゅうって呼ばれる人生。そんなぶっ飛んだ抱負を掲げてるからこそりかちゅう呼びしてくれる会社じゃないと許さない!なんなら役員とか地位の高い人がりかちゅう呼んでくれたら大歓喜!

 

5.主体性や個を重んじる会社

私は個を重んじたいタイプの人間だから組織にどう活躍するかという考えのある会社ではなくて自分のスキルをどう貢献するかという考えの会社に行きたいと思ってる。その方がみんな得意な点生かせるじゃん?それでもって自分の思いついたことを発信していきたい。これは周りのみんなも主体的に行動していないと難しいけどね。なんならみんなして斬新的なアイディアが飛び交ってた方が楽しそう!

 

6.対人関係情緒的、仕事は合理的

人間関係は思いやる心、相手を成長するために協力する心など人情のある環境で社内と社外の人間関係を構築していきたい。だけど、仕事では論理的でありかつ、説得性のある形で物事を進めていきたいな。

 

7.ワークライフバランスではなくワークライフインテグレーション

この話は別記事にて詳しく話すけど仕事とプライベート別々って考えじゃなくて仕事とプライベートは一貫した考えのある会社がいいとは思ってる。仕事は人生の一部で天秤にはかるものでない。例えば家庭ある人は家庭の時間も必要で両方が調和できる割合で働けばいいと思う。一方で独身でがっつり働きたいなら働けばい。だからそれぞれの割合に沿った形で仕事をするって価値観がある会社がいいと思ってる。

 

まとめ

世の中に完璧な会社なんてないことなんて分かる。これが全て叶う会社なんて無理なことも。だけど居場所になり得る所が欲しい。実際にからげんきも世間的には完璧なバイト先ではないと思うけど。労働時間は長い時長くて休憩時間は少なかったしドアも開きにくいことはあったし。たしかに他の人には労働時間が長いのは嫌だと思われるかもしれない。それでも私にとっては居場所って思えたから完璧ではなくても居場所って作れる気がする。だから転職目的は居場所と思えるだけでなくかつ将来の夢のためのスキルを身につけられる所を探すためってことにしよう。それが私の今の気持ち。最後まで読んでくれてありがとう。

りかちゅう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA