なぜ常識を疑うことが大切なのか?

どうも、りかちゅうです!世の中にはいろんな常識があるかと思われます。なんか私自身、色々ありすぎるから具体例を出したくても出せないこの頃です。ただ、そこに関して思うことがあります。常識に従うのもいいけど一旦疑ってみなよと思うことがあります。なぜなら、常識というものは時には都合よく作られていることがあるからです。また、その常識は時には間違っているのにもかかわらずまかり通っていることがあるからです。ですので、ここら辺の話を今から詳しく話したいと思います!

続きを読む

なぜ副反応があるのにワクチン打つのか?

どうも、りかちゅうです!コロナワクチンをもう2回打った人はそれなりにいるんですかね?私自身、統計とか見てないのでなんとも言えないですがwwwww。まあ、打った人はいるんでしょう。ちなみに私は当たり前ですが0回です!そんな私からしたらなんで打つのかなと思うんですけどねwwwwww。私の感想はさておき、2回打っている人がいる中まさかの3回目の接種の話がまた上がってきています。だからこそ、言いたいことがあるんです。色々副反応とかあるのにもかかわらず打つ人がいるのかと。もちろん、いるのかなと思われます。ですので、この記事にて副反応があるのにワクチンを打ち続ける理由について話したいと思います!

続きを読む

いいことではない?共産主義とは何か?

どうも、りかちゅうです!共産主義という言葉は聞いたことがあるかと思われます。よく資本主義と対比されることが多いですが。また、社会主義との違いは何かとも言われることはあります。私的には似たような感じろうなとは思っていますけどね。てか、いきなりどうしたんだよって?実は共産主義について発信希望と以前言われたことがあるんですよ。ただ、書く機会がないままでした。ですが。共産主義について書ける機会がようやくできました。理由は軽く話題になっていただけなんですけどね。まあ、機会ができただけ良かったです。ですので、今から話したいと思います!

続きを読む

コロナにかかるよりも副反応の方がマシと言えるのか?

どうも、りかちゅうです!ここ最近よく聞く発言があります。それは「コロナのワクチン打たなきゃ良かった」という発言です。おそらく、コロナにかからないように打とうみたいに考えていたらまさかのワクチンのせいであらゆる副反応が出てしまった感じではあるかと思われます。しかも、後戻りできないような重病を抱える人も出てきています。このような状況な人がいるからこそ思うことがあるんです。それはコロナにかかるよりもワクチンの副反応の方がマシなのかと。よくそういう発言は聞きますがそんなことないだろと思います。ですので、今からその話をしていきたいと思います!

続きを読む

自分の非を認めない人の心理や対処法

どうも、りかちゅうです!またにこういう人いません?どういう人だよって?自分の非を認めない人ですよ。たしかに、人間だから自分の非を認めたくないという気持ちが働いてしまう時はあります。私だって認められなかったことだってありますしね。ですが、問題なのはその気持ちが強すぎることです。プライドが高いからなのか頑なに謝らない人もいます。また、立場が上であるからこそ傲慢になりなんで謝らないといけないんだという人もいます。このように、その気持ちが強すぎると厄介ではあります。では、どういった心理があってそうなってしまうのか?この記事にて話したいと思います!

続きを読む

コロナ関係でバトルがある理由:コロナ禍と人間関係

どうも、りかちゅうです!コロナ騒動のせいで人間関係に変化はある人はいるのかなと思われます。もちろん良い意味でも悪い意味でも。良い意味でしたら同じ価値観の人と仲良くなれたとかですかね。私も仲間は増えました。ですが、今まで仲が良かった人と疎遠になる、決別するという事例があったり、赤の他人とバトルしたりなんてこともあったりするのが今の世の中です。このように、コロナ騒動のせいで人間関係は悪い方向に行ってしまったのは事実です。では、どうしてそのようなことが起きているのか?この記事にて話したいと思います!

続きを読む

なぜワクチンを打たないと差別されるのか?

どうも、りかちゅうです!去年はコロナで騒いでいたのにもかかわらず、今はワクチンがどうこうみたいな話で盛り上がっているかと思われます。私が見る感じだと大半の人がワクチン打つよ、または打つ予定みたいな感じではあります。私はそれを聞きながらみんな分かっていないなぁと思ってはいますけどね?ただ、そんな私に悲報な話があります。なんと、ワクチン打った人には何かしらの優遇があります。ですが、接種していない人は色々規制がかかる見込みがあります。店によってはワクチン打っている証明ないと入れないとかあるんですかね?とにかく、差別してる感じしかしません。ということで、この記事にてその理由を話しますね!

続きを読む