なぜ面接で結婚や妊娠のことを聞くのか?

どうも、りかちゅうです!女性ほど聞きたいことがあります!それは面接の時です。結婚しているかや妊娠する予定またはしているかなどの質問をされたことはありますか?男性ならば結婚のみですかね?おそらく、口頭でされた人は誰かしらいると思います。こればかりはセクハラと捉えてもおかしくないです。いや、違法だなんて話題にもなっています。それくらいナイーブな話なんです。それなのにもかかわらず、日本の面接で聞かれることもある項目なんです。では、なぜそんなことを聞くのか?この記事にて話したいと思います!

 

続きを読む

ズル休みがありと思える理由と注意点

どうも、りかちゅうです!学校でも会社もズル休みはありだと思っています。たしかに、甘えだと言う人はいます。どんなことがあっても耐えて学校や会社に行けと。そういう人は弱い人の気持ちが分からないんでしょうね。分かっていたらそんなこと言いませんからね?というか、楽しく働けていない、楽しく学校に行けないような人がいることが問題なのかなと思います。仕事満足度なんて相当低いからですね。要するに、わざわざ苦しむまでして行くならズル休みをしてもいいのかなと思います。ですので、この記事にて話したいと思います!

続きを読む

ハラスメントをなくすべき理由となくす方法

どうも、りかちゅうです!ハラスメントってなかなかなくならないですよね。むしろ、ニュースになっていることの方が多いと思います。場合によっては子供がやるようないじめを大人がやっているなんてこともあります。本当に頭が沸いているとしか言いようがないです。また、法的に違反をしているところなんて普通にあります。まずセクハラとかワンチャンわいせつ罪ですよ?このように、ハラスメントだらけです。ですが、なくさないといけないです。では、なぜなのか?そして、無くすにはどうしたらいいのか?今から話したいと思います!

続きを読む

金融緩和の目的とメリットデメリット

どうも、りかちゅうです!よく日銀の黒田が金融緩和をするぞみたいなことを言っていますよね?私的にはそんなことをしても日本の経済は良くならないと思っています。なぜならば、日本は給料が上がっていないのに取られる額は増えているからです。お金のない人からぼったくるなんて本当にあり得ないなと思います。そんなことをしているから日本の経済は良くならないんだぞと言いたくなりますね。それなのにもかかわらず、日銀は金融緩和をすすめます。ニュースでも緩和ばかり言っていますからね。ですので、この記事にて金融感はとはどういうものなのかや金融緩和をする目的などについて話したいと思います。

続きを読む

有給を取ることを拒否された時の対処法

どうも、りかちゅうです!有給を取ったことはある人はいると思います。まあ、そりゃそうですよね。取っていいものなんですから。ただ、取りにくいのが現状です。おそらく、仕事をしないといけないのにもかかわらず休みを取るなんて申し訳ないとか思っている人はいるはずです。働きすぎる文化のせいでそういう概念が強いのはどうかと思います。ただ、もっと良くないなと思える事例があります。それは有給を取ろうとしたら理不尽な形で拒否されるということです。くら寿司は労働者の勤務態度が悪いから拒否とかありましたからね。もちろん炎上です。だからこそ、有給拒否された時の対処法は分かった方がいいです。ですので、今から話しますね!

続きを読む

人任せな人の心理と日本ならではの人任せ

どうも、りかちゅうです!世の中には人任せな人がいます。それはそうですよね。みんなして当事者意識を持っているとは限らないです。それで、私的には日本人って人任せな思考の人が多いのかなと思っています。日本人な私がそんなことを言うのもあれですが事実です。特に世の中のことに関しては人任せすぎます。本当にいい加減にしろよと思うことばかりです。この気持ちは分かる人にはわかると思います。だからこそ、この記事にて人任せになってしまう心理や日本人がどうして指示待ちになりやすいのかについて話したいと思います!

続きを読む

なぜルールだからという考えをしてはいけないのか?

どうも、りかちゅうです!よくルールだから従わないとやらルールだから従いなさいみたいな発言は聞いたことはあるかと思われます。特に日本は同調圧力が強い国ですしそういう発言は普通にあるのかなと思っています。ただ、それって論理的ではない気がします。なぜなら、そのルールは本当に意味があるものか検証しないでただ従っているにすぎないからです。もっと自分で考えることはしないなと言いたくなりますね。また、ルールなんて人間が作るものです。どこかしらで不公平になります。となると、ルールだから従うって発想はナンセンスになりますね。ですので、この記事にてその話を詳しくしたいと思います!

続きを読む