なぜ炎上商法は話題になり儲かる時もあるのか?

どうも、りかちゅうです!炎上商法ってなかなかのリスクがあるものではありますよね?確かに炎上すれば見てくれる人はいます。特にネット関連はアクセス数が上がった方が有利になるので炎上商法をして稼いでいる人だっているとは思います。そこまでやるのと思いますけどね。ただ、それくらい炎上商法はリスクはあってもやる人はやります。きっと今の時代の方がその手段は使われているのかなと思われます。また、うまくやれば話題になるだけではなく儲かることには儲かるそうです。では、なぜうまくやればこんなに効果があるのか?この記事にて話したいと思います!

続きを読む

マルチの代表!アムウェイの酷い実態とは

どうも、りかちゅうです!マルチ商法は世の中に沢山あります。もしなかったらカフェとかでマルチ商法をするのはやめてくださいって表記はないですからね?それくらい厄介なものなんです。その中でもマルチ商法で有名なところがあります。それはアムウェイです。聞いたことあるって思う人はいることでしょう。あそこはマルチ商法をしている人がいるからお金が儲かっているものです。反対にマルチ商法で商品が売れなかったら買う人なんてそういなくなります。なんかやばいなと思いますよね?もちろん、やらかしてはいます。ですので、この記事にてアムウェイの実態を話したいと思います!

続きを読む

ランダム商法の概要とデメリット

どうも、りかちゅうです!ガチャガチャや福袋とかやったことありますかね?きっと子供の頃にガチャガチャくらいならばしたことはあると思います。私もしたことがあります。なんでそんな話をしているのかなって?実はガチャガチャなど何が出るのか分からない形で販売することをランダム商法と言うんです。この商法は私は嫌いです。なぜなら、客観的に見てもデメリットの方が大きいからです。ですので、この記事にてランダム商法のデメリットについて話したいと思います!

続きを読む

恐怖で人を動かす?ヒィア・アピールとは?

どうも、りかちゅうです!恐怖を煽られたらどう思いますか?おそらく、冷静でいれば不愉快だと思うかもしれません。それはそうですよね。ですが、もし気持ちが感情的になっていたり、何も考えていないとその煽りにに踊らされることもあります。私を具体例にするならば脱毛エステの広告が流れるとまだまだ脱毛しないと損するのかなみたいに思っちゃうことです。これは現実です←(だからって契約はしていないです)。このように、人って何気ない恐怖を覚えると行動に移しちゃいます。それをフィア・アピールと言います。なんだよそれって?まあ、そうなりますよね。ですので、今から話したいと思います!

続きを読む

矛盾した行動!認知的不協和とは何か?

どうも、りかちゅうです!人って無意識に矛盾した行動をすることがあります。まあ、そんなこと言われても疑いますよね。自分はそんなことするはずないと。ですが、誰にだって矛盾した行動します。これは断定できます。ダイエットしているのに何故か食べてしまうなどがまさにそうなのかなと思われます(絶対に食べるなとは言っていません)。このように、無意識に合理的な行動や判断ができないことがあります。なんか不思議ですよね。それで、このような現象を認知的不協和と言います。まさかそんな名称があるなんて知らなかったという人は多いかと思われます。では、認知的不協和とは具体的にどういうことなのか?この記事にて話したいと思います!

続きを読む

辞めたい!新規開拓営業が辛い理由

どうも、りかちゅうです!営業をやっている人、またはやったことがある人へ。新規開拓営業って無駄に辛くないですか?上司からは詰められますしね。あれはメンタルやられます。また、お客さんに断られるのが怖いみたいな気持ちを馳せる人はいるかと思われます。私もそういう経験あります。それ故に営業をして病む人はそれなりにいます。また、病むまではいかなくても成績が伸びなくて思い悩んだ人はいるかと思われます。このように、新規開拓営業とは楽なものではないです。ですので、この記事にて辛い理由について話したいと思います!

続きを読む

商売がゲスい理由とゲスいなと思う瞬間

どうも、りかちゅうです!起業したいなと思っている人が言うのもどうかと思いますが商売ってゲスくないですか?正直なことを言うと、ゲスい一面を知っているからこそ会社を立てて自分で稼いでいくことに躊躇いがあるのが今の自分です。まだ、ゲスいことを知らないで会社を立ち上げたいなんて思っていた私が無知だなと思っています。商売がゲスいことを知ったのは営業をやってからです。てか、なんでいきなりそんな話をしているんだって。いや、最近商売がゲスいなと思う瞬間がそれなりにあるからです。ということで、この記事では商売がゲスい理由や個人的にゲスいなと思う瞬間について話したいと思います!

続きを読む