信長の妹!お市の方とはどんな人?

どうも、りかちゅうです!有名な話ではあると思いますが実は信長には妹がいました。しかも美人な妹です。兄妹揃って美形ですね。歴史ヲタクの方ならばご存知かと思われます。そうですお市の方です!大河ドラマでも美人な人がやっているイメージがあります。さっきから美人しか言っていないって?思い当たることと言えばそれしかなくて。嘘です。彼女は悲劇の女性ではありました。家の都合で離縁させられたり、自害せざる得なかったりなどと色々ありました。まさに戦国の世を生きた女性の1人ですね。戦国の女は色々あります。私的には何かを犠牲にするのが戦国の女だと思っています。では、一体どんな人だったのか?この記事にて話したいと思います!

続きを読む

家康独立!清洲同盟と三河平定とは何か?

どうも、りかちゅうです!家康は子供の頃は人質扱いでした。織田家にいる時もあれば今川家にいる時もありました。これは家の問題なのでしょうがないです。家康の実家こと松平家が家康を人質にしないとやっていけない状態でした。ですが、そんな時ある転機が訪れます。それは「桶狭間の戦い」です。桶狭間の戦いで今川義元が敗れてから家康は今川を裏切り、信長と同盟を組みます。まあ、家康からしたらずっと信長の味方だったのでまた味方になれたって感じなんですけどね。その話は後ほど話しますね。そして、家康はこれで人質生活も終わり独立することができました。これは徳川にとっては大きな一歩です。ですので、この記事にて詳しく話したいと思います!

続きを読む

「麒麟がくる」を見て思うこと

どうも、りかちゅうです!今日を持ちまして「麒麟がくる」が終わります。いや、終わりましたですね。時系列的に考えると。もう本当に泣けます。ぶっちゃけた話をすると昨日からロスに浸っていました。おそらく、他の人も私と同じ気持ちの人がいますかね?いたら嬉しい限りです。まあ、そんなくだりはここでおしまいにします。どういうことかと言いますと今回「麒麟がくる」は最終回を迎えたということで「麒麟がくる」を見て思ったことをこの記事に書きたいと思っています。もし、この記事を読んで共感してくれる人がいたら嬉しいです!

続きを読む

なぜ本能寺の変が謎なのか?

どうも、りかちゅうです!戦国一の謎といえば本能寺の変ですね。まあ、謎とは言えども、少なくとも言えることとしては1582年に本能寺の変が起きたことで信長はこの世を去り、秀吉が光秀を討った後に秀吉に政権が交代されたのだけは分かります(死んだのかすらも読めないんですけどね)。えっ?待てよ。かっこの所に信長は死んだのかすら分からないって書いてるけどどういうことって?実は死んだ証拠がないことが謎の要因でもあります。ということで、この記事ではなぜ本能寺の変が謎と言われているのかについて話したいと思います!

続きを読む

なぜ麒麟がくるは人気なのか?

どうも、りかちゅうです!麒麟がくるももうすぐ終わりですね。色々撮影とかがだっていたからどうなるかと思いきや44回放送してくれたのは嬉しいですが、やはり終わってしまうのは寂しいものですね。このように考えてある人は大半なはずです。なぜなら、麒麟がくるは人気な大河ドラマでもあるからです。実際にTwitterでも終わることに悲しんでいる人は見かけましたしね。だからってなんでそんなにも人気なのかと思う人もいるでしょう。ということで、この記事では麒麟がくるがそんなにも人気な理由について話したいと思います!

続きを読む

5年かかった?光秀の丹波平定とは?

どうも、りかちゅうです!歴ヲタからしたら光秀は優秀な武将であるのはご存知かと思われます。あまり知らない人からすると信長を殺した功績しか知らないのが悲しい現実ですけどね。本能寺の変を功績というなって?だってそれで目立ったんですから功績ですよ。まあ、そんなことはさておき、そんな光秀でも手こずったものがあります。それは丹波の平定です。丹波を平定した理由を簡単に言えば信長の天下統一という目標を達成するためです。ただ、丹波に関してはなかなか上手くいかなかった1つでした。ですので、この記事では光秀と丹波平定について話したいと思います!

続きを読む

なぜ信長と足利義昭は対立したのか?

どうも、りかちゅうです!室町幕府ってどのような形で終わったかはご存知ですか?教科書には書かれていますが簡単に言いますと信長が足利義昭を追放したからです。そして、それ以降は本能寺の変まで信長が1番の勢力となりました。てか、どうして信長は追放したんだよって?それは2人の仲がどんどん悪くなり、信長の都合上悪いだけでなく政策的にも支障があったからです。意外かもしれませんが初めのうちは麒麟がくるを見れば分かるように足利義昭は信長なことを慕っていたんですけどね。ではそんな2人がなぜ仲悪くなってしまったのか?この記事にて話したいと思います!

続きを読む