セフレに冷めてしまう理由〜あなたのことはそれほど〜

※この記事では色恋遊びのリアルについて話したいと思ってタイトルに書かれているようなテーマにしました。

どうもりかちゅうです。

なんか遊び相手ことセフレって冷める瞬間ありませんか?どんな気持ちかと言いますと今までなら都合いい関係で楽だったのになんかその存在がうっとおしくなる気持ちみたいな感じが冷めてる瞬間と言ってもいいでしょう。ではなぜ冷めてしまうのかについては考えたことはない人もいると思います。ですので今回はセフレに冷めてしまう理由について話していきたいと思います。

 

セフレに冷めてしまう理由
1.あなたのことはそれほど

サブタイトルにも書かれてますが、なんか聞いたことないフレーズとは思いませんでしたか?そうです。2017年の春ドラマのタイトルですね!

そんな話はさておき何が言いたいかと言いますとセフレなんて所詮あなたのことはそれほどなんです。別に好きな人でもないしただの遊び相手感情。特別な人でないからこそ愛着心がないんです。要は都合よく適当に接するという気持ちの方が強いから冷めてしまうんです。特に好きな人がいるけどセフレがいるなんて人はセフレに対してはあなたのことはそれほどって思ってるはずです。または相手の方が情が強いのに自分はそうでもない時ほどその感情を相手に馳せやすいです。

 

2.異性をなんだと思ってるの?

なんかたまにいません?異性をなんだと思ってるのって言いたくなる人間。男の場合だとヤリモクのように女ならば誰でもいいって訳ではないけど女性とは男女の関係が絶対なんて人。(ヤリモクは論外な枠です。)一方女性の場合、メンヘラにありがちな寂しさを埋めて欲しいがために男の人を求めてる人。そんな人がセフレだとついつい「異性をなんだと思ってるの?」と嘆きたくるでしょう。また、そのような気持ちが募れば募るほどセフレに対して冷めてしまうと思います。

私自身女性より男性の方が話が弾みやすい人なので率直に言いますが女性とは男女の関係が絶対なんて考えの人うざいです。確かに男女の関係に親友というものはないと考えてます。ですが、別にビジネスパートナーやら同性の友達のように仲良くするなどカテゴリーなんて沢山あるのに男女関係という1つのカテゴリーしかないからこそ深く接したら男女の関係は必須だと感じざる得ないからです。また女性も女性だと思ってます。色々な境遇はあることにはありますけど寂しさ埋めてくれる男の人を過度に求めるなんててやり方としては間違ってはいると思います。人間は心があって道具ではないんですから。

 

3.肉体関係が義務化されてめんどくさい

セフレ関係とは言えども会うたびに同じことをするなんてかったるいなんてことはありませんか?人間同じことばかりでは飽きるからこそ。またはこの人と会う=一線を超えないといけないという義務感を感じることもあるでしょう。初めの時はいいかなと思っても一線を超えることにかったるさを感じでしまうというのは完全に冷めている証拠です。これは私の意見ですが色恋遊びは義務感を感じながら行うことではありません。もしめんどくさいという感情を馳せてしまったらその気持ちには正直になるべきだと思いますよ。

 

4.道具扱いしてるなんてこともある

「異性をなんだと思ってるの?」の項目はぞんざいな扱いまたはぞんざいな考えしかしない人だと分かって冷めてしまうというパターンですね。ですが、そんなあなたも道具扱いしてるなんてこともあるかと思われます。どういうことかと言いますと使い捨てみたいな扱いを相手にしているということです。

例えば、経験人数を増やして承認欲求を満たしたいという欲からセフレ扱いにするちゃするけど承認欲求満たされてたらそれでおしまい。御用なしという感じです!色恋遊びなんて承認欲求が付き物です。だからこそその欲求のための道具扱いするって感情はあっておかしくないです。

 

冷めたときにしまう行為

冷める理由については分かったと思いますし共感する点は多いかと思います。だからこそ、セフレから避けたい故にやってしまってる行動を振り返ってみてはいかがですか?おそらくやってるなと思ってしまいますよ。

1.日程を先延ばしする

あなたのことはそれほどだからこそ優先順位なんて低いだけでなく会いたくもないですよね。それもあって会う頻度を少なくする対策として日程を先延ばしにするのは王道だと思います。具体例としては会えて他の人との予定を増やしたり自分の予定を作ったりするなんてことをして予定を先延ばしにしたことなんてありませんか?それか何も予定なくても予定あるなんて嘘を付いて先延ばししたこともありませんか?このように日程を先延ばしにしたくなった、またはしているという行為は冷めたときについついやりがちなんて行為ではあります。

2.そっけない態度をする

たとえ会ったとしてもその気がないからこそ、そっけない態度を取ると思われます。例えばですがあえて顔をそらしたり口数を少なくしたり。そっけない態度なんて色々ありますがそうやって昔の時のように愛想良くなんて出来ないってことを大いにアピールしている人はいるかと思われます。まあ、どんな関係であろうと人間冷めてたらそっけない態度を取るなんてことはあるあるでしょう。

3.連絡をしないまたはブロックする

たとえ相手から連絡が来ても無視をしなり自分から連絡はしかったりという形で相手に冷めてるアピールをしていることはあると思います。ただそれだけではセフレ側は空気を読むことが出来ず連絡をしまくるなんてことはあるでしょう。男女の関係ほど察するとか空気読むなんてこと出来ないですから。だからこそその空気の読めなさにイライラし、ブロックという形で縁切りなんてことはあるあるだと思います。

4.恋人できたと嘘付く

この発言を言えば諦めてくれそうと思ってしまうが故の発言ですね。おそらく、なんか恋人できたと嘘付いとけば相手からしつこくつきまとってくることはないだろうという思いからありもしない嘘をつくという心理かと思われます。ただしそのような嘘を付くときはバレないようにシナリオはしっかり作ってくださいね。

※もしそれでも引き止めてくるなら先程も言ったようにブロックすると言った対処をして縁を切るというという行為が王道ですよね。

 

まとめ

いかがでしたか?当てはまると思う人が多かったら嬉しい限りです!セフレ関係なんて一般的に言うならば都合のいい関係と言われています。だからこそ、なんども言いますが特別な感情もないと言う名のあなたのことはそれほど感情に至ってしまうんです。それもあってブロックするなりそっけない態度を取るなどぞんざいな態度をするのは当たり前ちゃ当たり前です。

確かに、人としてはやってはいけないことだと思います。ですが、あくまでセフレですので多少ぞんざいでも許されると思います。理由としては所詮遊びの関係なことが多いからです。恋人となると内面的なことやら色々深い関係であるからこそ話し合いみたいなことはして蹴りを付けた方がいいと思います。ですが、遊びの関係だったら軽い感じでも許されます。むしろ、男女の関係の中で軽い感でいれるのはセフレくらいです。

ですので、言い方悪いですけど使い捨てな関係であっても自分のペースで楽しめばいいしある程度のマナーさえ守れば冷めた気持ちに正直になって縁を切ればいいんです!そんな気持ちで色恋遊びを楽しみましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました。

りかちゅう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA