明智光秀とは:大河ドラマの主役の人生!

どうも、りかちゅうです。2020年の大河ドラマの主役は誰ですか?明智光秀です!ドラマ名は『麒麟が来る』です。皆さん明智光秀と聞いてどんな人だと思い浮かびますか?おそらく「本能寺の変」の人ってなるでしょう。信長を殺して天下取ろうとしたけど秀吉に負けてその野望は破れちゃいましたけどね。ただ明智光秀の詳しいことを知っている人はごくわずかかです。教科書には「本能寺の変」のことしか書かれてないですからね。明智光秀のことは。私的にはなんかそれでは大河ドラマ見ていても面白くないかと思われます。ということで大河ドラマの予習として明智光秀がどんな人生を歩んでどんな人だったのか今回話したいと思います!

明智光秀ってどんな人

まずは明智光秀がどんな人かを簡単なプロフィールとしてまとめました!

名前 明智光秀

生年月日 不明

幼名 彦太郎

出身地 美濃←岐阜県辺り

性格 賢く慈愛のある人

明智光秀の人生

ざっくりとしたプロフィールを見たところで、これから明智光秀の人生がどんなものであるのかなついて話したいと思います!

1.明智光秀誕生!

いつ生まれたか分かりませんが明智光秀は明智光綱の子として美濃で生まれました。明智光秀の父である明智光綱は明智光秀の祖父が隠居した際に明智城に入り家督を継ぎました。ですが、明智光秀のお父さんこと明智光綱は1535年に争いでいなくなってしまいました。自刀でした。その時明智光秀はまだ幼かったので明智光秀の叔父が後を継いだそうです。補足ですが身分の低い牢人生まれだったそうです。その後斎藤道三の家臣になりました。

2.結婚と浪人生活

明智光秀は1546年のときに結婚をしました。ですが、すぐに死別をしてしまいました。その際、側室はいたものの正室としての再婚1553年の時でした。ただこの3年後1556年に悲劇が起きます。明智光秀の上司でもある斉藤道三の対戦相手は斎藤道三の息子こと斎藤義龍です。俗に言う下克上です。その際明智城は攻撃され落城しちゃいました。明智光秀はまたまた牢人確定です。

3.足利義昭の家臣になる

またまた牢人生活かよった矢先に明智光秀は転機がありました。ちなみに転機が来る前までは越後にいる朝倉義景を10年頼り、仕えてたそうです。そんな時、10年後の1566年に足利義昭が朝倉義景に亡命したことから明智光秀は足利義昭の家臣になりました!ただ地方を転々と逃げ回る日々でしたが。理由はその当時足利家の勢力が落ちてましたから。それでその翌年に足利義昭は織田信長と仲介しました。

4.織田信長との出会いと出世

1568年に明智光秀は足利義昭を立政寺で織田信長と会見させました。これが織田信長の出会いです。大河ドラマではすでに出会ってますが現実はどうかは分からないです。ただ、仕事面での交わりはこれが初めてですね。また、とある出来事が明智光秀の出世のきっかけとなりました。1569年の時に足利義昭が襲われそうになりましたが明智光秀が襲ってきた人を撃退しました。この出来事がきっかけで京都奉行に任じられました。その後、1571年に比叡山焼き討ちで功績を上げ、信長より近江国滋賀郡50000石を与えられたことから足利義昭の家臣ではなく、信長家臣となりました。

5.信長の家臣時代

信長の家臣時代は色々あるので割愛しますが、明智光秀は色々な通訳係としても任命されました。例えば京の方便は信長に分からないから通訳するなり、キリスト教の人の通訳をしました。また、明智光秀は京都御馬揃えの運営を任されるなど信長の側近役でした!明智光秀は非常に賢い人材だったそうです。足利義昭に仕えていたときも公家との関わりなどはあったそうですし。ここらへんの話は別記事で話したいと思います!

6.本能寺の変と3日天下

明智光秀が有名となる事件こと「本能寺の変」です。1582年6月に明智光秀は信長を襲いました。信長は自刀です。それまで明智光秀の話をすると。1580年8月、丹波国攻略の恩賞として丹波一国290000石を与えられました。ですので、近江国滋賀郡の50000石と合わせて34万石となりました。また、武田家のいる甲斐に征伐をするなどの役目もありました。ですが、その間に色々なトラブルがあり、明智光秀はストレスを抱えていました。それがきっかけで「本能寺の変」を起こしました。ですが、明智光秀は「山崎の戦い」で秀吉に負けてしまい人生は終わりました。俗に言う3日天下です。

 

信長と生い立ちが違う?

そりゃ生い立ちは違いますね。まず明智光秀は美濃なので京都寄りに住んでいる人間です。そのため、公家や皇室の人間とも親交が深いです。性格もどちらかというと武士のように活発ではなく公家よりで賢く穏やかな人だったそうです。食べ物も薄味の物を食べている可能性は高いでしょう。一方信長は尾張こと今の愛知県に住んでいる人間です。性格も昔からやんちゃな問題児。活発で過激ですよね。食べ物も濃い味のものを食べていたそうです。その当時の尾張あたりは濃い味が好まるそうですし。この時点で生い立ちも違いますね。また、生い立ちが違うからこそ性格も違います。要は信長が性格が反対な人をナンバー2にしたということです。それがきっかけで「本能寺の変」が起きた可能性もあるでしょう。価値観の問題という意味で。

なんで信長を裏切ったの?

明智光秀は信長の側近でありかつ信長界隈のナンバー2です!すごい地位にいたのにもかかわらずなぜ明智光秀は「本能寺の変」という形で信長を裏切ったのか?理由は様々ですし説もたくさんあります。ただ少なからず分かるのは明智光秀は自分ほ人間関係が崩れるリスクがあったから裏切った可能性はあるかと思われます。1つ目は信長の野望として明(今の中国)を征服するという計画です。その当時の明は日本よりも強い勢力を持っていました。正直信長でも勝てないくらいに。それなのにその計画を立てるとなると光秀の子供達は戦場に行くことになります。子供達が死ぬ可能性は高まりますよね?それ故に信長を裏切ったのかと思われます。実際にこの出来事で2人の亀裂ができた可能性も高いですし。

2つ目は四国を支配してた長曽我部家を信長が滅ぼそうとしていた行為だ。実は長曽我部家と明智家は同盟関係でした。同盟関係の相手側がいなくなっては明智光秀は不利ですよね。もちろん明智光秀は信長に交渉はしましたよ。長曽我部家を滅ぼすなと。ですが、信長は明智光秀を殴るなり蹴るなどの暴力行為をしました。今で言うならパワハラですね。これが決定打となり明智光秀は信長を裏切りました。本能寺の変に関してはこちらの記事に書かれています。

なんで?本能寺の変が起きた理由

まとめ

いかがでしたか?以上が明智光秀の人生です。賢くて人脈もあったとは驚きでしたでしょう。有名なのに事細かいことは知られてないからこそ。おそらく、信長は明智光秀がいなかったら出世できてない部分もあるでしょう。通訳係やら人脈は明智光秀の係でしたし。それなのに2人の仲は悪化してしまい『本能寺の変』が起きてしまった。明智光秀は優秀な人材なのにもかかわらず。

これはおそらく人間模様は大きく描かれていますね。信長はパワハラという行為をしたからこそ明智光秀は裏切る。今の時代にもあり得る話かと思われます。私自身明智光秀は特別好きではありませんがこの人の人生を見ると今の時代にあるあるだなと思う点はあります。側近上司と部下の関係は紙一重だなと。私的には2人の関係性が大河ドラマで期待しています!この記事を読んだところで皆さん2020年の大河ドラマ『麒麟が来る』を楽しんでみましょう!明智光秀関連の記事は色々書くので楽しみにしてください!最後まで読んでいただきありがとうございました。

りかちゅう