なぜ日本は低学歴国となっているのか?

どうも、りかちゅうです!このタイトルを見てそうなのかなとなった方はいるかと思われます。それなそうですよね。日本は高校までの進学率はほぼ100%ですし低学歴になっているなんて感覚はないはずです。まあ、下を見たらキリがないですからね。発展途上国なんて勉強どころか生理的なことがままなっていない場合が多いです。そういう所と比べたら日本が低学歴国なんておかしいとなるはずです。ただ、日本は世界的にも知名度もある国です。そのような国の中では日本は低学歴国になっていると言っても過言ではないです。ですので、この記事にてなぜ日本はそうなってしまったかについて話したいと思います!

続きを読む

学校の教育が思考停止の元凶と言える事例

どうも、りかちゅうです!学校教育ってどう思いますか?おそらく、社会に出るために必要な知識を身に付けるためにあるものだろと思う人はいるかもしれません。また、学校の勉強がだるいなと思っている人ならば何でこんな勉強をしないといけないんだよと思うことでしょう。まあ、どんな意見であれ表向きは学校教育は必要なものだと植え付けられています。ですが、現実は違います。どういうことかと言いますと労働力を高めるための駒扱いとし、思考停止させるための教育なんです。学校とか管理すらために厳しい校則が強いられています。このように、現実はゲスいです。ですので、そのゲスさの具体例を今から紹介したいと思います!

続きを読む

日本の面接がくだらないと思う瞬間

どうも、りかちゅうです!就活生や転職活動をしている人ならば痛いほどわかるかと思いますが日本の面接ってくだらないですよね。なんと言うのか、同じ質問、堅い雰囲気、圧迫面接など。こんな面接で本量出せるわけがないと思いますよね?それもそうです。日本の面接なんて茶番でしかないです。それなのにもかかわらず、まかり通っているのが現実です。そこら辺から問題なんです。ということで、この記事では日本の面接がくだらないなと思う点について話したいと思います!

続きを読む

詰め込み教育になる?偏差値教育のデメリット

どうも、りかちゅうです!日本の学校や塾にいると必ずと言っていいほど聞く言葉があるかと思われます。それは偏差値です。例えば偏差値○○ならば志望校に合格する見込みがあるやら偏差値が低いから志望校のレベルを下げないといけないみたいな感じですね。特に受験生になると偏差値がどうこうみたいな話にはなるかと思われます。また、そのような話が日本の教育ではあるからこそ日本は偏差値教育だとみなされてはいます。ただ、このような教育はデメリットの方が大きいです。ということでこの記事にて偏差値教育のどのような点がデメリットなのかについて話しますね。

続きを読む

やりすぎだよ?教育虐待する親の特徴

どうも、りかちゅうです!世の中には児童虐待というのは社会問題となっています。例えば身体的、精神的虐待。育児放棄をして子供にとっていい環境を与えないネグレクトなど様々な虐待があるのが現実です。こんなことするならなんのために子供を産んだんだよってなりますけどね。てか、いきなり虐待のことについて語ってどうしたのって?実は世の中には教育虐待という虐待というのはあるんですよ。それで、そのような虐待をする親にはそれなりの特徴がありるからこそこの記事にてその話をしたいなと思い、初っ端から虐待の話をしました。ということで誰の許可なく勝手に話しますね?

※教育虐待について興味のある人は続きを読んでください!

続きを読む

めんどい!日本の校則が厳しい理由?

どうも、りかちゅうです!学校にいた時って必ずとあるものが付き物ではありませんでしたか?テスト?運動会?修学旅行?どのことなの?たしかに、付き物ですね。歳取れば思い出ネタです。ただ、今回はその話ではありません。今回のネタは校則です。言われてみたらそうだよなとなりますよね?おそらく、人によっては無駄に校則が厳しくてだるかったみたいな人もいることでしょう。なんでこんなの守らないといけないんだよと。なんでこんなのあるんだよと。ということで、個人的な見解も交えながら校則が厳しい理由について話したいと思います!

続きを読む

日本教育の問題点がどう悪影響を与えてるか

どうも、りかちゅうです!日本の学校の教育で疑問に思ったことはありますか?具体的にはどんなことがあるかと言いますと学校内でのルールや授業の内容ですね。言われてみたらスカートの丈や髪色など無駄なルールが多いなやら詰め込み教育でしかなかったなどの思い浮かぶものは何かとあるでしょう。おそらく、他にもあるぞという方もいるでしょうしね。要はそれくらい日本の教育方法には問題点があるということです。また、問題点があることで悪影響もあります。ということでこの記事では日本教育の問題点と悪影響について話したいと思います!

続きを読む